室内

イメージ通りの注文住宅を建築してもらうために参考にすべきこと

木造軸組工法の家を建てる

一軒家

愛知県は太平洋側気候を呈しており、夏はとても蒸し暑くなります。夏の蒸し暑さをしのぐには、木造軸組工法による注文住宅が最適です。真壁造りにすることで家そのものに天然の調湿機能を持たせることができるため、蒸し暑い夏を快適に過ごせるようになります。

読んでみよう

住みやすいことが大事

室内

一戸建ての住宅を探すときに重要になってくるのは場所です。交通のアクセスが良く適度に整備された住みやすいエリアを探すことも大切です。枚方はまさにそのポイントがしっかりと含まれているエリアです。実際に物件を探すときには地元の業者に当たるのがポイントです。地元の業者は地域の情報を多く持っているからです。

読んでみよう

自分のイメージを描く

女性

地域ならではの家造り

自分の理想の家に住みたいと思うなら、迷うことなく注文住宅にすべきでしょう。間取りやデザインをはじめ、様々な要望を反映してくれるので、自分の家を造ったという感慨にふけることもできます。注文住宅は一から十まで、すべて自分で決めるわけではありません。ある程度のモデルを参考にしますし、職人さんにアドバイスをもらいながら、すり合わせていきます。一流のデザイナーなら完全に任せるのも手かもしれませんが、やはり自分の描くイメージは守りたいものです。山形など寒冷地にはその場所特有の家造りが求められます。積雪に耐えられる家の形や断熱素材を使ったものなど、地元密着型の工務店ならそのノウハウはしっかりとしているでしょう。

施工業者はしっかり吟味

大手ハウスメーカーですと、最新の工法を使用していますので、たとえば耐震であるとか気密性・断熱性に優れているものなど、高度な注文住宅を造ってくれます。また、大手ならではのネットワークがありますので、輸入住宅や二世帯住宅などテーマに沿ってイメージを湧きやすくしています。山形では木造建築をよく見かけるかと思いますが、鉄骨造よりは熱伝導率が低いためであり、寒さ対策を重視していることがうかがえます。山形で注文住宅を考えているなら、工務店およびハウスメーカーをいくつか回ることをおすすめします。それが難しいならそれぞれに資料請求をして、施工内容やこれまでの山形での実績等を加味して、候補を絞り込むのが良いでしょう。

住みたい場所を考えよう

つみき

藤沢で土地を探すところから始まる注文住宅を選択することで、0から始まる家作りに関われます。ただし希望通りの土地がすぐに見つかるとは限らないため、時間がかかることを把握したうえで、計画を立てるようにしましょう。

読んでみよう